9月のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

一般書

『おいしくアレンジ!まいにち使える江戸レシピ 奥村彪生の豆腐百珍卵百珍』

( 奥村彪生/著 NHK出版 2020年 596.3/オ )
江戸時代に考案された卵料理と豆腐料理が味わえるレシピ本です。現代風に再現またはアレンジされていますが、先人の知恵と工夫が詰まった料理の数々から、当時の食文化の奥深さが伺えます。

銀花の蔵

(遠田潤子/著 新潮社 2020年 F/トオ )
代々続く醤油蔵で育ち女当主となった銀花は、ある日、蔵の床下から、長い間秘密にされてきたあってはならない出来事の証拠を見つけてしまう。そこには運命に翻弄された、蔵をめぐる人々の悲しくもあたたかい物語が秘められていた。

こどもの本

『もふもふ動物の赤ちゃん』

(小宮輝之/監修 学研プラス 2020年 J480/モ)
ふわふわの小さな体にキュートな目がとってもかわいい、パンダやペンギン、コアラなど、いろんな動物の赤ちゃんの写真とその生態が、わかりやすく説明されている図鑑です。動物にかかわるお仕事のことや動物占いものっています。